フレーバーストーンダイヤモンドエディション 油通し

油通しってした方がいいの?

新しく買ったフライパンを長持ちさせたいときに油通しって作業をしたことがある人もいるかもしれない。油通しはフライパンにコーティングをするような意味合いがあって、食材がくっつきにくかったり、焦げ付きにくくしたり、フライパンの耐久性を長持ちさせたりする意味合いがあるんだよね。

 

これを最初にしておくことでフライパンが長持ちするから市販のフライパンを買ってきた人はこういった作業をしているかもしれない。ところで、フレーバーストーンダイヤモンドエディションにも油通しの作業は必要なのでしょうか。もともと、食材がくっつかないように、焦げ付かないようにするためにしていたわけだけど、フレーバーストーンダイヤモンドエディションはもともとがくっつきにくい、焦げ付きにくいフライパンとしての性能があるわけだから必要なさそうに思える。。。

 

この点に関していろいろ調べてみたのですが、「やってもやらなくてもどっちでもいい」ということが言えるかもしれないね。

 

フレーバーストーンシリーズの公式サイトを確認してみると、特に油通しに関しての記載がなかったから一応する必要はないと言えると思う。ただ、実際に購入した人の中にはこれまでの習慣として油通しをしているって人もいたよ。

 

特に油通しをしなくても焦げ付く心配がないから、わざわざやる必要はないと思うけど、これまで習慣化してきた人にとっては「おまじない」的な意味合いもあるみたいだし、それで安心して料理ができるのならやっておいてダメということはないから準備してみるのもいいかもしれないね。

 

フライパンがダメになっていくのは食材がくっついたり、焦げたりしてフライパンの表面にこびりつくことで均一に火が回らなくなってしまったり、こびりついた汚れからコーティングがはがれてしまうことが原因の一つって言われているよ。

 

だから焦げ付かないようにしたり、汚れてもすぐに汚れを落としていればそれだけフライパンが長持ちするし、焼きムラもなくなるから美味しい料理が作れるようになる。フライパンを変えるだけで料理が美味しくなった気がするっていう声もあるんだけど、それは焼きムラがなくなったり均一に火が通るからっていうことが言えるんだね。

 

 

フレーバーストーンシリーズのフライパンも焦げ付きにくいとされているけれども、ちゃんとお手入れしてあげることでより長持ちするから、性能がいいからって粗雑に扱わないで何年も使えるフライパンとして使ってみよう!

 

 

>>フレーバーストーンダイヤモンドエディション公式通販サイトで詳細をチェック!

page top