フレーバーストーン 焦げる

フレーバーストーンが焦げる心配のないフライパンなのはなぜ?

フレーバーストーンは焦げる心配がないフライパンとして人気になっているよね。フライパンを使っているうちに一番気になるのが焦げ付きで、食材がフライパンにくっついたり、それを落としたりするのはイライラしてくる。

 

そんな料理をする上での一番の問題を解決してくれるのがフレーバーストーンなわけだけど、どうしてフレーバーストーンは焦げる心配がないのだろうか。その理由を知っておきたいところ。

 

そもそも食材が焦げてしまうのは水分が原因だっていうのはご存知?

 

フライパンは乾燥させても表面には目に見えないほどの薄い水の膜で覆われているんだけど、そこに食材を置くと食材にも水分が含まれているから、水分中に含まれているたんぱく質とか糖分がくっついて、加熱することでどんどん固まっていっちゃうんだよね。

 

これが焦げ付きの主な原因。

 

この焦げ付きを防ぐために必要なのが油で、油を使うことで水と食材がくっつくことを防いでくれるということになるよ。

 

でも、フレーバーストーンは油を使わないでも食材が焦げる心配がなかったり、食材がくっつかないというのがウリになっているよね。その理由はフライパンの表面を加工してフライパンの薄い水の膜と食材がくっつかないようにしているからなんだ。

 

フレーバーストーンには特別な6層のコーティングがされていて、このコーティングによって食材をくっつきにくくしてくれるから、同時に焦げにくくもしてくれているんだね。

 

それに食材がくっつきにくいだけじゃなくて、熱伝導性も高くなっているから効率良く焼けるのはもちろん、焼きムラが起こらないってのも嬉しいポイント。美味しい料理は味だけじゃなくて食感も大きく関わっているんだよ。

 

だから均等に食材に火が通って同じ食材が同じ食感になっているとそれだけで美味しい仕上がりに感じることができるんだね。だから、焼きムラがないのはすごく大事なこと。

 

そして焼きムラができないようにするためには焦げ付かないで、フライパンの表面が凹凸なくさらっとしているのが肝心。フレーバーストーンシリーズのフライパンは焦げ付きにくいし、焦げ付いても汚れをするっと落とすことができるから、いつでも完璧な状態で調理することができるんだね。

 

フレーバーストーンのお客様満足度は自社調べで95.8%。自社調べだからもともと料理好きの人が使っての判断になると思うし、あまり適切な判断にならない部分もあるかもしれないけど、雑誌のフライパン特集でランキング1位を獲得した実績があったり、たくさんの人が高くしているフライパンだから新しく良いフライパンに買い替えようと思っている人にはぴったりなんじゃないかなって思うよ。

 

 

フレーバーストーンの特徴をもっと詳しくみてみる!

フレーバーストーンの耐久性は?デメリットって何かあるの?

フレーバーストーンは焦げ付かない、食材がくっつかないっていうフライパンに関して多くの人が悩んでいることを解消してくれるから満足度も高いし、買って損のないフライパンであることは間違いないと思う。

 

でも、フライパンに関して言えば食材が焦げる以外にも心配なことがあるよね。それが、どのくらい長持ちするのか耐久性について。どんなに性能の高いフライパンでもすぐにダメになったら意味がないもんね。

 

そこで、フレーバーストーンの耐久性についてなんだけど思っている以上に長持ちして耐久性も抜群っていう評価がされているよ。ちゃんと手入れしている人は購入してから3年以上経っているけど購入当時と変わらないクオリティで使えているって人もいたよね。

 

そんなの安い市販されているフライパンじゃ考えられない。。。

 

フレーバーストーンは50万回もの耐摩耗テストをクリアしたほど丈夫な仕上がりになっていて、ツルンと快適なコーティングが長持ちしてくれるから、何年も快適に使うこともできるんだよ。

 

ちなみに、耐摩耗テストの内容に関しては公式販売サイトでも確認できるから気になる人は後で確認してみてね。この耐久性の高さもフレーバーストーンの満足度を高めている理由の一つになっていることがわかると思う。

 

 

フレーバーストーンは焦げ付かないでしかも耐久性が高いってことだからNo1のフライパンってことが言えるよね。でも、フライパンに限らずどんなものでも完璧なものってないと思うし、フレーバーストーンに関してもどこか悪いところだったり、弱点があるはずだよね。

 

そこでフレーバーストーンのデメリットに関して調べてみると、多くの人が共通して挙げていたのは「他のフライパンと比べて重たい」っていうこと。

 

コーティングを6層もしていてそれによって焦げ付かないっていうのがあるけれども、逆にそのせいで重さがでちゃうみたいだね。この重さこそフレーバーストーンのデメリットって言えると思う。

 

 

でも、重たいって言っても一般的なフライパンの100〜200gくらい重たいだけだし、そもそもフライパンを持ち上げるのは作った料理を食器に移すときくらいだから、中華鍋みたいに持ち上げて振り回すなんてことをしなければそんなに気にすることじゃないよね。

 

そう考えると、重たいってのはそんなに大きなデメリットになるとは思わないよ。まぁ人によって重さの感じ方は違うから何とも言えない部分はあるけど。

 

けど、重たさのデメリットよりも焦げ付かない、耐久性があるっていうメリットの方が数倍も大きいから、よっぽど重たいのが嫌って人でなければ気にすることはないと思うよ。

自分にあったタイプのフライパンを選ぼう!

焦げ付かなくて耐久性が高いフライパンのフレーバーストーン。発売されてから世界中で累計760万枚以上を販売している実績十分のフライパンになっているけど、その高い評価もあって実は今ではいろんなタイプのフレーバーストーンが発売されているんだよ。

 

しかも公式販売サイトではお得なセット販売もしていて、その人にあったモデルのフレーバーストーンを購入することもできるんだよね。

 

例えば、とりあえず定番のものが欲しいって人ならグランド4点セットがおすすめ

 

グランド4点セットは1番人気のセットになっていて、底の浅いフライパンと底の深いフライパン、それに鍋と蓋のついたセットになっていて、間違いのないセットになっているから、とりあえずフレーバーストーンを試したいって人にはおすすめのセットだね。

 

それと、1人暮らしやこれから同棲をするカップルなんかにおすすめなのが、マルチ9点セット。サイズがグランド4点セットと比べて一回り小さかったり、キッチンツールもついていてすぐにでも使える便利なセットになっているよ。

 

これから料理を趣味にしたいって人にはそのきっかけを与えてくれるセット内容になっているね。

 

また、すでに料理が趣味である程度いろんな料理が作れるよって人にはヘルシーグリルがぴったり。ヘルシーグリルは底が波面になっていて、焼き目がばっちりついてステーキとか魚を焼くのに適しているフライパンになっているよ。

 

しかも付属のラックを用意すると肉とか魚を焼きながらスチームの力で備え付けの野菜の準備もできたりして時短にも光熱費の節約にもなるんだね。料理上級者はぜひ手に入れたいフライパンだよ。

 

そして、いま人気急上昇中なのがダイヤモンドエディション。このフライパンは珍しいスクエア(四角)型をしているんだけど、スクエア型にすることで調理面積が広がって大人数の料理を作るのにもばっちり。

 

それだけじゃなくて、オーブンレンジに対応しているから料理のレパートリーも増えるし、取っ手が取り外せるようになっているからそのまま食卓に出したり、洗い物をするときに楽にできたり、収納するときも邪魔にならないとかあらゆる面でその恩恵を受けることができるフライパンになっているよ。

 

スクエア型のフライパンは珍しいから見栄えもいいしインスタ映えもするからおしゃれ写真を撮りたい人にはぴったりだね。フレーバーストーンダイヤモンドは口コミでの評判もいいし、おすすめ度はかなり高いよ!

 

こんな風にフレーバーストーンシリーズは目的や好みにあった選び方もできるから、自分に合ったタイプのものが一つは見つかるよ。フレーバーストーンシリーズのフライパンを使って、楽しく美味しい料理を作ってみよう!

 

 

フレーバーストーンシリーズ一覧はコチラ!

page top